スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

足半屋ホームページ >>>


足半・販売サイト >>>

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

■■■■■■■■■足半屋主人の別の顔■■■■■■■■■■■■

【ひどい肩こり・腰痛など根本から改善したい人専門の整体院】

渋谷区・代々木上原のかたこり整体院

ご予約・お問い合わせはこちらより

0120-978-628(10:00~21:00)

便利でカンタン【24時間ネット予約】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

足半屋は2013年もがんばります!

あけましておめでとうございます。

足半屋のまつだです。

ブログの更新が停滞気味ですが、今年もみなさんの身体と健康を、足から考え、提案していく活動は続けていきます。


今日は、足半の制作を依頼している草履屋さんの若夫婦がこられて、打ち合わせをしました。

社長夫婦と若夫婦の家族経営の草履屋さん。
農家の内職おばあさんチームが編んでいます。

日本には草履屋さん自体が少なくなっていて、中国産のモノを輸入している卸会社が多くなっています。

商品化に当たっては、いろんな会社に断られ続けました。

足半だけではなく、手編みの草履も世の中から消え去ろうとしているタイミングで、

『ホントに売れるのかよ〜??』的な対応。

仕方ないかと諦めそうになったときに、ここの社長さんはアッサリとOKを出してくれました。

長年の勘なんでしょうか?
ナニかを感じるモノがあったのでしょう。

実は某有名ブランドの草履もここで作っています。
将来的には○○さんとコラボしていきたいんですよね、と夢を語ったところ、だったら先方の担当者と顔つなぎしましょうか?

ってな話に(^_^)v

夢のコラボに一歩前進\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/


足半は機能的には、とっても優れていますが、これを商品として量産する体制自体も危うい状況だそうです。

内職おばあさんチームの高齢化ですね。

後継者を育て、温故知新の伝統を守る意味でも、足半屋の【あしなか復元プロジェクト】はがんばらねば、と改めて思いました。


430595_348293238600311_348946085_n_20130117164831.jpeg


『稲わらで作った足半』ホンモノの足半。

商品化に当たって、藁クズが飛ぶ、痛いなど、現代ではデメリットが多くてお蔵入りしていたモノを、完全復活させました。

竹皮製と編み方がちがうため、83歳のおじいさんしか編めません。

初回分は、アンケートに記入していただいた方にプレゼントする企画を考えていますので、詳細が決まり次第発表します。


今年も、足半屋の【あしなか復元プロジェクト】の応援を、よろしくお願いいたします。


追伸

販売の再開は、1月下旬を予定しています。よろしくお願いいたします。
関連記事

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

足半屋ホームページ >>>


足半・販売サイト >>>

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

■■■■■■■■■足半屋主人の別の顔■■■■■■■■■■■■

【ひどい肩こり・腰痛など根本から改善したい人専門の整体院】

渋谷区・代々木上原のかたこり整体院

ご予約・お問い合わせはこちらより

0120-978-628(10:00~21:00)

便利でカンタン【24時間ネット予約】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

comment

Secret

待ってました♪

更新を待っていましたよ(^O^)

素晴らしい職人さん、職人技ですね!

平成よりも昭和。
昭和よりも大正。
大正よりも明治…それ以前。

人という動物にとって、昔は良い事がありましたよね。

今からすれば、不便で大変だと思われても、人としての機能を比べると、昔の方が足腰の強さがあったりしますし。

現代は、人にとって良いものから、益々かけ離れて行っている気がします。

Re: 待ってました♪

コメントありがとうございます!

> 素晴らしい職人さん、職人技ですね!

失われつつある職人技。

守っていきたいですね(^_^)
足半屋主人のつぶやき

足半屋 < > Reload

プロフィール

松田俊輔

Author:松田俊輔
こんにちは。足半屋主人の松田俊輔ですm(__)m

1978年3月17日生まれ
猫2匹が居候中

趣味/登山(関東百名山に挑戦中)・読書(漫画)・カメラ(写真)・ストレッチ・ライブ巡り・猫のお腹に顔を埋める

好きな食べ物/カレー・餃子・唐揚げ・讃岐うどん・ナマビール

夢/田舎暮らし


仕事は整体師をしていますが、来られる方の足が年々崩れていくコトに危機感を感じて、なにか出来るコトはないかと模索していく中【足半】(あしなか)という昔の履物に出会いました。

足半は記録が残っているだけでも、鎌倉時代から戦後ぐらいまで、ざっと7~800年ぐらいは履き続けられた、普通の長さの半分しかない草鞋です。
約60年ぐらい前までは、農村・漁村で作業用に普通に用いられていました。

今でも、足半は竹皮製・布製が手に入りますが、使い方が【ダイエットスリッパ】のような、つま先立ちを推奨しています。

例えば、【ハサミの刃側】を持つようなモノです。
いくら道具が優れていても【使い方】が間違っていたら、結果がでないだけなく、危険な側面もあります。

残されている文献・資料を基に約1年かけて復元しました。
正しい足半の使い方と足に関する情報を提供していきます。

どうぞ、ごひいきに。

*当サイトはリンクフリーです。

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
タグリスト

人間  成長 ウォーキング  赤ちゃん 骨盤矯正 ランニング 

RSSリンクの表示
ケータイで見る
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
30位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ご意見・ご感想はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。