スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

足半屋ホームページ >>>


足半・販売サイト >>>

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

■■■■■■■■■足半屋主人の別の顔■■■■■■■■■■■■

【ひどい肩こり・腰痛など根本から改善したい人専門の整体院】

渋谷区・代々木上原のかたこり整体院

ご予約・お問い合わせはこちらより

0120-978-628(10:00~21:00)

便利でカンタン【24時間ネット予約】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

その17 なぜ日本人女性は内股歩きが多い?2

さて、前回の話で、なぜ日本人の女性は内股歩きが多いのか?もみえてきましたね。


かつては、ほとんど多くの日本人は、【着物で内股歩き】という非効率な身体の使い方はしていなかったと考えられます。


1.ごく一部の、特殊な職業(遊女や芸者)の【姐さん】がやっていたのが、いつのまにか、一般人の美意識の一部になった。

2.本来内股では仕事がしにくいが、肉体労働をしなくなって、内股がどれくらい身体に悪影響を出すのかを即座に実感出来なくなっているから、平気で内股で歩いている。

3.【着物だから=内股歩きになる】もまちがいです。

着物文化とはまったく関係がありません。
履き物との関係もありません。

4.安い洋服に対抗して、安い着物を売っていては商売にならなくなった。七五三・成人式・結婚式・・・着物は、豪華で高価な【特別な日に着る物】として広め、普段着の着物を残さなかった呉服業界のブランド戦略の功罪?

5.内股でしゃなりしゃなり歩くことを『シナ』ともいいますが、茶道や小笠原流礼法でも『シナ』は厳禁だったはずです。


というのが、【なぜ日本人の女性は内股歩きが多いのか?】に対する、わたしの考察です。


現代でいうと、キャバ嬢の髪型【アゲハ盛り】が、一般人にも広まったみたいな感じです。
1295288124.jpg
1354288141.jpg1315288157.jpg


こんな話もあります。

わたしの友人の娘さんの友人たちは『O脚になりたい』というのです。

ティーンのモデルたちがみんなO脚で、足が細く見える? カワイイ? 向こう側が見えるのがいい、という理由でわざと内股で歩くのです(笑)

これもごく一部の中高生の中では流行っているらしいです(笑)

憧れや時代の常識はおそろしいですね。


下記はセブンティーンのモデルです。見事に内股とO脚ですね。
1284287520.jpg1310287532.jpg1352287586.jpgph_ishibashi.jpg



【内股は、か弱い、カワイイ感じを演出する、モテしぐさ】

などと雑誌の特集も組まれています。

確かに、バランスもナニもかも、構造的に弱いですから、弱い→かわいそう→カワイイ、と寄ってくる男もいるでしょうが・・・

しっかりとした、ちゃんとした男が寄ってくると思いますか?(笑)


本能的なことからいわせてもらえば、多くは自分より弱いモノをハンティングするわけですから、ライオンのような男ではなく、動かない相手を獲物にするハイエナかハゲタカのような男でしょうね(笑)


舞妓さんとキャバ嬢では客層が全然ちがいます。
舞妓さんは作法や芸をしっかりマスターしているから、お金をもっているだけではなく、人としての器がしっかりした男しか遊びに行けないのです(一見さんお断りのシステムなど)。


ちゃんとした男をゲットしたいなら、まずは自分がちゃんとしないと(笑)


・・・おじさんのお説教でした(笑) ヽ(´Д`)ノ


『内股は足が曲がって、太りやすく、モテない』

という事実を広めてください。

【男に媚びを売る、モテしぐさ】などしているから、ろくでもない男しか寄ってこないのだという、厳しい現実も教えてあげましょう(笑)






今日はまだまだ、話は続きます(笑)


内股歩きが身体(健康)に悪影響を及ぼすなら、なぜ昔のごく一部の姐さんたちは平気だったのか?
悪いことなら一時のブームで終わって、淘汰されていたのでは?


そこは単純に平均寿命の問題だと考えています。


厚生労働省発表では、2009年の日本人の平均寿命が、女性が86.44歳、男性が79.59歳と、ともに過去最高。

明治24年(1891)~31年 男性42.8歳 女性44.3歳
昭和22年 男性50.06歳 女性53.96歳

ほんの60年前は平均50歳で亡くなっていたのです!

ある統計では、50歳以上の女性の2人に1人が、変形性膝関節症などの膝の悩みをかかえているみたいです。

昔は症状が出る前に亡くなっていたんですね。


この連載にたびたび登場する近藤四郎先生は、平均寿命と生殖可能年齢との関係も考察されていました。

先生によると・・・

ニホンザル、キツネザル、テナガザル、チンパンジーの初潮と閉経年齢と寿命を調べると、種や寿命はちがえど、生殖可能年数の寿命に対する比率は、ほぼ65%になるとのこと。

これを人間に当てはめると、約58歳が本来の寿命だといいます。




つまり、動物は生殖が終わると、プラスアルファで数年生きて、あとは死ぬのが普通らしいです。

現代では、60代で亡くなると『まだ若いのに・・・』などといわれますが、逆によく生きたともいえます。

アラフォー、アラフィフと横文字でいわれると実感がないかもしれませんが、もういつ死んでもおかしくないということです。

自然本来のシステムを長くしてきたとはいえ、それでも平均80歳代。40歳を越えて生きていたら、ラッキーと思って、残りの人生のコトを考えて、やりたいことはドンドンやっていった方がいいですね。


自然の流れにあわせて、50代で死ぬ覚悟なら内股でもなんでも結構。
症状が出る前に死ねます。

少しでも長く元気で生きたいなら、足は大切に。



人間五十年。下天の内をくらぶれば夢幻のごとくなり。一度生を得て滅せぬ者のあるべきか
(幸若の舞の一節)
関連記事

theme : 健康
genre : 心と身体


◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

足半屋ホームページ >>>


足半・販売サイト >>>

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

■■■■■■■■■足半屋主人の別の顔■■■■■■■■■■■■

【ひどい肩こり・腰痛など根本から改善したい人専門の整体院】

渋谷区・代々木上原のかたこり整体院

ご予約・お問い合わせはこちらより

0120-978-628(10:00~21:00)

便利でカンタン【24時間ネット予約】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

comment

Secret

前回の投稿の補足ですが

私は日系のオーストラリア人でオーストラリア在住ですが
大変中国や韓国からの留学生がとても多い土地におります。
最近、こうした国の女の子や、一部のオーストラリア人に内股の女の子が多いのですよ。
おそらく、日本のファッションやらアニメやらから浸透して言ってるんだと思います。
足半屋主人のつぶやき

足半屋 < > Reload

プロフィール

松田俊輔

Author:松田俊輔
こんにちは。足半屋主人の松田俊輔ですm(__)m

1978年3月17日生まれ
猫2匹が居候中

趣味/登山(関東百名山に挑戦中)・読書(漫画)・カメラ(写真)・ストレッチ・ライブ巡り・猫のお腹に顔を埋める

好きな食べ物/カレー・餃子・唐揚げ・讃岐うどん・ナマビール

夢/田舎暮らし


仕事は整体師をしていますが、来られる方の足が年々崩れていくコトに危機感を感じて、なにか出来るコトはないかと模索していく中【足半】(あしなか)という昔の履物に出会いました。

足半は記録が残っているだけでも、鎌倉時代から戦後ぐらいまで、ざっと7~800年ぐらいは履き続けられた、普通の長さの半分しかない草鞋です。
約60年ぐらい前までは、農村・漁村で作業用に普通に用いられていました。

今でも、足半は竹皮製・布製が手に入りますが、使い方が【ダイエットスリッパ】のような、つま先立ちを推奨しています。

例えば、【ハサミの刃側】を持つようなモノです。
いくら道具が優れていても【使い方】が間違っていたら、結果がでないだけなく、危険な側面もあります。

残されている文献・資料を基に約1年かけて復元しました。
正しい足半の使い方と足に関する情報を提供していきます。

どうぞ、ごひいきに。

*当サイトはリンクフリーです。

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
タグリスト

人間  成長 ウォーキング  赤ちゃん 骨盤矯正 ランニング 

RSSリンクの表示
ケータイで見る
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
31位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ご意見・ご感想はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。