その18 裸足系履物をまとめてみた2010

入手できる物をまとめてみた。

草鞋
草履
下駄
地下足袋
ビーチサンダル
魚サン
ワラーチ(タラウマラ族のサンダル)

ナイキ フリー
Jinga(ジンガ)シューズ
Vibram FiveFingers(VFF)
WAVE REVIVE
チャスキサンダル


どれも一長一短があります。

特にメーカー物は『足を痛めないように』と保護する部分がどこかに存在しているのが気になってしまう。
ナイキ フリーやJingaは閉塞性の靴ですし、VFFやWAVE REVIVEは底が硬かったり、サポートがあったり。
チャスキサンダルが理想に近いですが、もっと平坦でペラペラな物が出ないかと待っている。履き脱ぎが面倒。

ようはペラペラだと、足の動きを邪魔しない。


ひらいやの竹皮草履を履いてみると、ペラペラ草履がいかに足のためにはいいかよくわかる。芯縄に麻縄を使っているのかな? ペラペラなんだけどしっかりしている。
しかし、竹皮のみなので、底が滑りやすい。



そこで足を作る理想の外履きを考えてみた。

・底が平坦でペラペラ(厚さ5mmぐらい)
・洗える・濡れてもOK
・履き脱ぎがカンタン
・草鞋のように踵部分が密着する
・開放性で指も動きやすい
・滑りにくい
・履物を固定するモノ(ヒモ・バンド)の長さが調整可能

こうなるとアクアシューズ(ウォーターシューズ)になってくる(笑)
以前書いた、無重力空間用の運動靴も足を作るのには最適でしょう。

面倒だから裸足でいいんじゃない・・・そうなんですが(笑) 道具としての履物の可能性を信じたいです。


草履構造のゴム素材で、草鞋のようにヒモで踵を止められるような・・・現代版草鞋が作れないかな?
とか、外で使える裸足感覚の履物を考えるといろいろ思い浮かぶ。

最近、裸足がブームになりつつあります。
過去にも幼児教育・健康など、テーマが微妙に違えど、裸足がブームになったことはあります。所詮一過性のブーム・・・しかし、今回はブームというより、ムーブメントという感じです。

アディタス、ナイキ、メレル、ニューバランス・・・来年には裸足用ランニングシューズを発売するみたいです。VFFのビブラムも新商品を開発していますね。
これは流れになりつつあるような。あとは発売後の消費者の反応次第でしょうが・・・陸上界がドンドン記録更新したりとかしたら、爆発的に靴の進化は進みそうですね。

靴がすべて悪いわけでもなく、底を厚くし、サポートを強化したせいで足が弱化した事実もあるでしょうが、そのおかげで誰でも練習次第で長距離の移動が出来るようになった事実もあり・・・バランスの取れた、最高の靴に進化してくれると楽しいですよね。

足半屋もいろいろな裸足の提案をしていければと考えています。
特に今の子どもたちの足をなんとかしたいという一心です。

来年がスゴイ楽しみでワクワクしています。

s1335290180.jpg
【男性用】ひらいやオリジナルぞうり竹皮草履

【女性用】ひらいやオリジナルぞうり竹皮草履

☆ナイキ フリー
1354288401.jpg
☆Jinga(ジンガ)シューズ
s1285288541.jpg
☆Vibram FiveFingers(VFF)
1304288900.jpg
☆チャスキサンダル
s1304288902.jpg
☆WAVE REVIVE
1352289170.jpg
☆ワラーチ
1363289624.jpg
☆サンプルで作った、竹皮ゴム底の草鞋
s1335290178.jpg
関連記事

tag :


◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

足半屋ホームページ >>>


足半・販売サイト >>>

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

■■■■■■■■■足半屋主人の別の顔■■■■■■■■■■■■

【ひどい肩こり・腰痛など根本から改善したい人専門の整体院】

渋谷区・代々木上原のかたこり整体院

ご予約・お問い合わせはこちらより

0120-978-628(10:00~21:00)

便利でカンタン【24時間ネット予約】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

comment

Secret

No title

裸足系シューズ!
昔、ツイッターで裸足系シューズのまとめpdfファイルを見たことがあります。想像以上色々なものがありますよね
でもやはり日本人として現代版草履が出たら嬉しいです。

Re: No title

2011年は裸足がきますよ~

各社どんな提案をしてくるのか楽しみですね!

仲間がいた!

パーソナルトレーナーをしています。以前から歩行の研究をしており、姿勢・履物などに興味を持って検索していて、ここにたどり着きました。足半についてもずっと興味を持っていて、室内で使ってみたいと思っているのですが。ちょっと高いので自分で作ってみるか、何か代替品を考えています。ともあれ、常足研究所といいちゃんと考えている人達が居ることを知って、嬉しくなってコメントしました。長崎大学の写真も参考になりました。ありがとうございました。
足半屋主人のつぶやき

足半屋 < > Reload

プロフィール

松田俊輔

Author:松田俊輔
こんにちは。足半屋主人の松田俊輔ですm(__)m

1978年3月17日生まれ
猫2匹が居候中

趣味/登山(関東百名山に挑戦中)・読書(漫画)・カメラ(写真)・ストレッチ・ライブ巡り・猫のお腹に顔を埋める

好きな食べ物/カレー・餃子・唐揚げ・讃岐うどん・ナマビール

夢/田舎暮らし


仕事は整体師をしていますが、来られる方の足が年々崩れていくコトに危機感を感じて、なにか出来るコトはないかと模索していく中【足半】(あしなか)という昔の履物に出会いました。

足半は記録が残っているだけでも、鎌倉時代から戦後ぐらいまで、ざっと7~800年ぐらいは履き続けられた、普通の長さの半分しかない草鞋です。
約60年ぐらい前までは、農村・漁村で作業用に普通に用いられていました。

今でも、足半は竹皮製・布製が手に入りますが、使い方が【ダイエットスリッパ】のような、つま先立ちを推奨しています。

例えば、【ハサミの刃側】を持つようなモノです。
いくら道具が優れていても【使い方】が間違っていたら、結果がでないだけなく、危険な側面もあります。

残されている文献・資料を基に約1年かけて復元しました。
正しい足半の使い方と足に関する情報を提供していきます。

どうぞ、ごひいきに。

*当サイトはリンクフリーです。

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
タグリスト

人間  成長 ウォーキング  赤ちゃん 骨盤矯正 ランニング 

RSSリンクの表示
ケータイで見る
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
9位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ご意見・ご感想はこちら

名前:
メール:
件名:
本文: